カードローン 利用 必要 書類

カードローンを利用するために必要な書類

 

カードローンの申し込み

 

キャッシングはお金を貸してくれる事です。
金利は付きますが、黙ってお金を貸してくれます。

 

理由もきかず黙ってお金を貸してくれる、そんな人はいませんよね。
1000円程度ならたまにお金の貸し借り程度は友人同士ならしますが、万単位のお金となるとそうはいきません。
親にでもなかなか言いにくいですし、電話でもしようものならオレオレ詐欺に間違われるのがオチです。
黙ってお金を貸してくれるキャッシングは本当に助かります。

 

そんなカードローンに申し込むには、自分を信用してもらうための各種証明書を揃えることぐらい、ある意味当たり前です。
何も証明なくお金のを貸してくれるのは今や親でも難しいでしょう。

 

必要な書類

提出

 

必須なのは、公的に本人を証明してくれるものです。

 

以下が代表例です。
この内のどれか一つでもあればカードローンを申し込むことが出来ます。
見ての通り、外国人の方でもOKです。

 

申し込みに使われるトップ2は、運転免許証と健康保険証です。
迷ったらこの内のどちらかにするといいでしょう。
尚、これらは現物でなくても写し(コピー)でもOKです。
銀行や消費者金融はこれらの書類で審査を行います。

 

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

 

 

借りたい金額の上限

 

キャッシングも上限があります。
いくらでも貸してくれる訳ではありません。
更にある程度以上の額となると、上記の必要書類以外に追加の書類が必要となります。
例えば、銀行のカードローンでは利用限度額は100万円以上、消費者金融では50万円以上のキャッシングを利用したいと思ったら、追加書類が必要です。

 

サラリーマンや公務員の方は、

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 直近3ヵ月以内で、連続2ヵ月分の給与明細書

 

自営業や個人事業主の方は、

  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

 

 

収入証明が無い場合の上限

 

源泉徴収票や所得証明書などを用意したくない場合、利用限度額はどうなるのでしょうか。

 

この場合の利用限度額は銀行や消費者金融により違ってきます。
一覧表を以下に記しますが、最新情報は各々のホームページで確認してください。

会社名/商品名 証明書不要時の限度額
三井住友カード 300万円
オリックス銀行 300万円
じぶん銀行カードローン 300万円
みずほ銀行 200万円
イオン銀行 100万円
三菱東京UFJ銀行 100万円
プロミス 50万円
アコム 50万円

※2014年07月時点のデータ

 

尚、収入証明書は全てのカードローン会社で必須という訳ではありません。
一定金額以下であれば、収入証明書不要ですので、収入証明書を持っていない専業主婦や学生の方でもローンを組むことが出来ます。


このページの先頭へ戻る