カードローン 住宅ローン

カードローンを利用すると住宅ローンは組めるのか?

 

結論

 

いきなりですが、カードローンを利用していても住宅ローンを並行して組むことは出来ます
カードローンと言っても、銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンがありますが、どちらでも結論は同じです。

 

借金の限度額

 

銀行も消費者金融も、無制限にお金を貸してくれる訳ではありません。
限度額は法律によって定められているからです。
それは総量規制と呼ばれる法律です
消費者金融からのキャッシングは総量規制の対象であり、年収の3分の1が限度額と定められています
このため借り入れ金額がある程度(例えば50万円)を超えると、収入を証明する書類が要求されます。
そしてその情報は各金融機関で共有しているため、こちらで限度額になったから今度は別のところから借りる、ということは出来ません。
それが出来るのはヤミ金業者だけという世界になります。

 

住宅ローン

家

 

消費者金融には住宅ローンはありません。
消費者金融は年収1/3という総量規制や、各社でも自身の規定として最大500万円までと決めています。
年収1,500万円以上あり、キャッシングの利用ゼロなら最大で500万円まで借りることが出来るわけです。
これを住宅の費用にしてもいいですが、その金利の高さから現実問題としては無いでしょう。
高額な借り入れをする場合は出来るだけ金利の低いところにしないと、莫大な額の支払総額を背負うことになるからです。
住宅目的での契約として、銀行・労金・農協などが住宅ローンを用意しています。
住宅ローンや自動車ローンも、総量規制の適用除外です。
そのため住宅ローンや自動車ローンのために借入残高が年収の1/3を超えていても総量規制には抵触しません。
因みに、総量規制という法律は、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協等の金融機関には適用されていないのです。

 

総量規制

 

総量規制とは、平成22年から主に消費者金融を対象にして貸金業法の改正に伴い、改められた制度です。
この法律のお陰で最近は聞かなくなりましたが、消費者金融の審査が厳しくないことをいいことに、借りすぎる人が多くなり結果、多重債務などが大きな社会問題となりました。
総量規制はその歯止めとして設けられたものです。
それでも、より審査の厳しい住宅ローンや自動車ローンなどは総量規制の例外として残されているのです。

 

まとめ

 

カードローンと住宅ローンは基本的に独立して利用出来ると考えてもいいでしょう。
それでもカードローンやキャッシンと総量規制の関係は整理して上手く利用するようにしましょう。

 

総量規制対象のカードローン
  • 消費者金融会社
  • クレジット会社(キャッシングのみ対象)
  • 信販会社(キャッシングのみ対象)

 

総量規制対象外のカードローン例
  • 銀行、信用金庫、労働金庫、農協のカードローンなど

 

総量規制の対象除外になる借入れ用途例
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額医療費
  • 個人事業主に対する貸付
  • 有価証券や不動産を担保とする借入
  • その他

このページの先頭へ戻る